分煙機を飲食店に導入

分煙機とはタバコの煙を吸い込む装置です。


最近ではタバコを吸わない方が増えており喫煙する方に取って肩身の狭い時代に鳴っりました。

そこで分煙機を導入すれば喫煙する方もしない方も心地よく過ごせます。
飲食店でもよく導入されているのです。



食事をするときにタバコの煙がすると不味くなると思う方もいます。その一方で食事をした後に一服したいと思う方もいます。

最近では禁煙席と喫煙席を分けているところもありますがただエリアを分けているだけでは喫煙席の近くの禁煙席では煙が入ってきますので分煙していないのと同じになります。

そこで分煙機を導入すれば問題は解決されます。



分煙機によって喫煙スペースの煙を吸うことにより禁煙スペースの方が迷惑をこうむることはありません。

吸う方も吸わない方もどちらも快適に過ごせるのです。

全面的に禁煙にするのもいいのですがそれでは喫煙する方の顧客を獲得できなくなりますので顧客を出来るだけ多く獲得したいなら導入することをおすすめします。喫煙するスペースに壁を設置している場合でも出入りするときに煙が出てしまうこともあり嫌煙家の方に迷惑をかけることもあるので分煙機を設置するのもいいでしょう。



喫煙する方も口から出た煙の中で食事をしたくない方は結構多いと思うので喜んでくれます。


パチンコ屋では当たり前のように設置されています。

工事が必要になる場合もありますがそれほど大がかりなものではありません。
ただ置くだけでいい機器もあるので検討してみるといいでしょう。